看護部理念・目標

 

<病院の理念>

 真心  真実の心で人のために尽くす純粋な気持ち
 奉仕  他人のために利害を離れて力を尽くす
 信頼  信じ頼られることを目指す
 技術  日々の技術修練を欠かさず行う

 

<看護部の理念>
 1、 優しく思いやりの看護をいたします
 2、 常に向上心を持って看護いたします
 3、 医療事故防止に努め安全な医療を行います

<看護部の基本方針>
 看護職の果たす役割を認識し、病院・看護部の目標達成に向けて主体的な行動を取ることが出来、患者のニーズに応える看護が提供できる。

<看護部の教育目的>
 病院・看護部の理念に基づき質の高い看護サービスを提供できる人材を育成する。

<教育目標>
 @ 病院組織の一員として、各自の役割を果たすことができる。
 A 患者の人権を尊重した看護を提供することができる。
 B 科学的根拠に基づいた安全で効果的な看護実践ができる。
 C 看護研究活動や研修会を通して自己啓発ができる。

 

 

<到達目標>

対象 到達目標
 新卒者
(実務経験初年度)
・病院組織の一員として自覚を持ち、行動できる。
・職場への適応を図り、看護チームの一員としてメンバーシップを発揮できる。
・新人看護職員チェックリストを活用し、基礎技術の習得ができる。
・患者の安全・安楽を考え、人権を尊重した看護実践ができる。
・受け持ち患者の看護過程を、指導・助言を受けながら展開できる。
 卒後2年目 ・看護チームにおいてリーダーシップを発揮できる能力を養う。
・担当看護師として看護過程を展開できる能力を養う。
・安全な看護業務の遂行に努め、根拠に基づいた看護実践ができる。
 卒後3年目 ・看護チームにおいてリーダーシップを発揮できる。
・担当看護師として看護過程を展開し、後輩への指導・助言ができる。
・医療安全に留意し、主体的に看護実践するとともに、後輩育成にかかわることができる。
 実務経験者 ・プリセプターシップを学び、プリセプターとしての役割が果たせる。
・新人が看護チームの一員として職場に適応し、メンバーシップを発揮できる人材に育成できる。
 実務経験者 ・日常業務の中で看護の専門性を高め、看護の質の向上を図ることを目的とした看護研究活動ができる。
 主任
 副主任
・主任としての役割を認識し、リーダーシップおよび管理能力を養う。
・後輩育成に教育的・指導的に関わることができる。
 師長
・看護師長としての役割を認識し、管理能力の向上と視野の拡大を図る。
・自己研鑽を積み、管理責任者としての責務が果たせる。
 全職員
・医療、看護の動向に合わせ、職員のニーズを踏まえ、プログラムする。
 看護助手 ・看護補助者としての役割を果たすために、必要な知識・技術の習得を図る。
・看護チームの一員として円滑な業務の遂行ができる。