各部署紹介

■外来のご紹介
南古谷病院外来では、内科、外科をはじめ、整形外科、脳神経外科、循環器科、皮膚科、呼吸器外科とし、多岐にわたる診療を、専門医師により受けることができます。

糖尿病外来もあり、糖尿病教室も医師、管理栄養士、看護師、薬剤師を講師とし、月3回開催しています。診察のみでなく、CT・MRI・内視鏡など、様々な検査も行っています。
検査にあたっては、患者様が安心して検査を受けられるよう、外来看護師が個別性を考慮した説明をするよう心がけております。

さらに、当院では救急外来患者の受け入れにも力を入れています。迅速な処置、検査はもちろんのこと、急な病気、けがで不安な患者様や、
そのご家族が安心して治療を受けられるように配慮しております。

また、都内大学病院の救命医師を講師に迎え、勉強会を積極的に開き、新しい知識を吸収するよう勤めています。

外来での化学療法も行っています。患者様が安心して治療を受けられるよう、患者様が来院された際は、看護師が診察に同席させて頂き、
不安なことや分からない点があれば話し合いながら一緒に解決できるよう、お手伝いしています。

さらに、医師、病棟看護師、外来看護師、薬剤師との連携をはかるため、ミーティングを密に行い、セクションを超え、皆で一丸となって患者様の治療をサポートしております。

■個室病棟のご紹介
「豊富な個室と広々とした特別室で快適な病院生活を」

2階病棟では、居心地良く過ごしていただける様、全室個室となっており、31室ございます。
そのうちシャワー付の個室や、キッチン、バス、トイレ付の20平米ほどの特別室も4室設けております。
また、設備だけでなく、心から安心し過ごして頂ける様
「笑顔のあふれる病棟作り」「話をよく聞き個別のサービス」を心がけて日々接しております。

ホテルのようなゆったりとした空間での病院生活をお約束致します。

■3A病棟のご紹介
3A病棟はベッド数54床の一般病棟で、主に外科や整形の手術患者や内科の急性期患者の看護を行っています。

毎日の忙しさを吹き飛ばす若さとチームワークで、明るく、活気のある病棟です。

元気あふれるパワーと笑顔を患者様に提供出来るように日々努力しております。


■3B病棟のご紹介
2010年4月より、障害者病棟が開設されました。障害者病棟とは基本的には国で認めた疾患が対象ですが、寝たきりの状態や身体に不自由がある方、あるいは重度の疾患や
後遺症がある方も対象となる場合があり、入院治療や療養を行う病棟です。

障害者病棟への入院として該当されない場合もありますので、相談室までお問い合わせ下さい。

身体不自由となった場合、介護負担は、大きくなり、こうした問題を少しでも緩和することを目的とし、
次の施設等につなげるため、患者さまとその家族を含めたサポートを目指します。


■手術室のご紹介
平成10年10月手術室開設。開設当初は外科、整形外科の2科でしたが、平成18年脳外科、形成外科、循環器科が加わり年間約500件のOPE件数となり、総数3000件を超えました。

私達は患者様の安全、安楽な手術を行う為、医師、他部門との連携、情報を密に行い基本的な知識、技術を身に付け、清潔な環境の維持と感染の防止、安全な滅菌を行い
医療事故を未然に防ぐことを目標に業務を行っています。


■訪問看護ステーションのご紹介
H25.7月から訪問看護ステーション南古谷をスタートし2年目を迎えました。

訪問看護に携わって10年以上が経ち、在宅での看取りも経験し、改めて、在宅介護の必要性を感じています。
現在、看護師歴が20年以上のスタッフも加わり、経験豊富な知識を出し合い、問題解決に努めています。
自宅で過ごしたい利用者に自宅介護を続けたり家族の思いを支えるため
「あなたの笑顔が見たいから」をモットーに今後とも支援していきますのでよろしくお願いします。