看護部長あいさつ

2014年10月1日より看護部長に就任しました。
〜「この病院を選んで良かった」そんな看護をめざします。〜
質の高い看護の提供をめざし、看護部の教育委員会を中心に看護教育に力をいれ院内研修の企画運営や看護研究に取り組んでおります。また、院外への研修も計画的に実践しております。
超少子高齢化はますます進み医療経済や患者家族を取り巻く環境の変化などにより、看護も多様で柔軟な対応が必要とされています。
しかし、どのような情勢や時代になっても、変わらないのは看護の本質です。
クリミア戦争時代にナイチンゲールがろうそくを手に、病める兵士を見回り、いたわり励ました、“大切な命に寄りそう看護”は
看護師として働く誰もが、心の幹として持っているものだと思います。

24時間・365日と患者様の一番近くにいる私たちですから
 ★患者様とご家族様のお気持ちを尊重し、優しく思いやりのある看護をいたします。
 ★看護部の教育委員会を中心に、院内研修の運営企画や院外研修への計画的な参加など
  常に向上心を持ち、看護職員の育成に努めています。
 ★専門的な知識・技術の習得に努力し、安全な医療を行ってまいります。

本年5月に待望の保育室が新しく敷地内に設けられ、同時に隣接された駐車場より安全に子供と看護師が出勤しています。
何かあったら、すぐ駆けつけられる安心感がある、そんな働く母にも子供にもあたたかい病院です。
病院全体がひとつのチームとして、医師や他職種と協力し、スタッフが笑顔で生き生きと働けるように、
また来て頂いたすべての方に愛される病院になるよう、努めてまいります。
看護部長   加藤美樹